読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walk on flets

趣味はベースを弾くこと!日々の練習や好きな曲、フレーズ、ベーシストについて記事を書いていきます。

ベースの弾き方

ベースの弾き方には色々な種類があります。

ベースを練習したての頃は、あっちこっち色々な練習に目が移りがちですよね(笑)

当然僕もそんな感じでした。

 

聴いているとあまりわからないものですが、弾いてる側からすると弾き方を変えるだけで、出す音の感じがまるで違ってきます。

そんな音の出し方が魅力的だったのでしょうか。

ピックなり指なりで、色々練習したものです。

 

今回はそんな色々な弾き方について紹介していきたいと思います。

 

  • ピック弾き
  • 指弾き
  • スラップ(チョッパー)

 

大きく3つに分けると、こんな感じでしょうか。

そこから更に分けることも出来ますが、まずは大まかなこの3つについて説明していきます。

 

 

ピック弾き

文字通り、ピックを使用して弦を弾いて音を出します。

音の感じは、固め、ソリッド、そんな感じです。

ピックの形も大まかに何通りか種類があり、さらにピックで弦を弾く位置(ピックアップ側だったり、フレット側だったり)で出せる音が変わっていきます。

割と初心者向きな弾き方ですので、まずは皆さんはこの弾き方を練習するんじゃないかと思います。

 

 

指弾き

こちらも文字通り、指で直接弦を弾いて音を出します。

出る音の感じは、ピックに比べて柔らかい印象です。

ピック同様に弾く位置で音は変わってきますが、ピックほどではありません。

 

基本はツーフィンガーといって、右手の人差し指と中指を交互に使い、弦を弾いていきます。

そこから更に薬指を使うスリーフィンガーや、更にフォーフィンガーもあったりします。

 

ちなみに僕はまず指弾きを練習していました。今も指弾きがメインです。

当時の僕の中では、「ベースといったら、指だろう」といったイメージがあったからです(笑)

 

 

スラップ

チョッパーという呼び方もありますが、おじさん世代の方たちが主に使っているようです。

 

この弾き方も指を使います。

ただし、指弾きとは弦の弾き方が異なります。

スラップは主に親指で弦を弾く(叩く)サムピングと人差し指(薬指でも可。親指以外なら)で弦を弾く(引っ張る)プルという動作で音を出していきます。

 

この弾き方は、ラリーグラハムが開発した弾き方で、バチバチと弦を叩いたり引っ張りして、従来のベースの弾き方とは明らかに異なり、主に目立たないベースがメインになれる弾き方になっています。

 

ベースを練習したてのころは、お遊びで絶対に弾くであろう奏法ですね。

僕もよく人差し指に血豆を作って、練習していました。

 

 

いかがだったでしょうか。

このようにベースには大きく3つの弾き方があり、それぞれ曲の印象で奏法を変えて音楽を表現していきます。

まずはどれも練習して、自分のスタイルを確立していくのがいいですね。